BXONEウォレット口座にある資金を引き出したい方へ、銀行送金での出金方法を解説しますお持ちの日本国内銀行口座へ銀行送金できますので、是非ご活用ください。

 

銀行送金で出金するには、必要書類の提出二段階認証の完了が必要になりますので、お済でない方は『必要情報、本人確認書類の提出手順』と『二段階認証の設定方法』を参照してください。

 

BXONEウォレット口座から銀行送金で国内銀行へ出金する方法

 

ここからは、BXONEウォレット口座からお持ちの国内銀行口座へ銀行送金で出金する手順を紹介していきます。まず始めにBXONEウォレット口座にログインしておきましょう。

 

その後、メニューの『Withdrawal』をクリックします。

 

BXONEウォレット口座メニュー銀行送金手順

 

①出金する通貨を選択する

 

まず出金する通貨を選択します。今回はプルダウンで『JPY(日本円)』を選択します。

 

国内・国際銀行へ出金できる通貨
  • JPY(日本円)
  • USD(ドル)
  • EUR(ユーロ)

 

BXONE出金手順でプルダウン選択

 

②出金する金額と出金先の銀行を入力する

 

通貨を選択したら『どこの銀行』『いくら』出金するのか選択します。

 

出金する金額を決める

BXONE銀行送金で出金するときに金額を設定する

 

  1. 『Currency』では現在BXONEウォレットに入っている日本円の残高が表示されます。
  2. 『Amount』に引き出す日本円を入力します。
  3. 『Bank account』では今まで銀行出金に使った銀行の口座情報をプルダウンで選択できます。※初めての出金では選択できませんので、以下の通りに口座情報を入力していきます。

 

 

銀行口座情報を入力する

BXONE銀行送金で出金するときに銀行情報を登録する

 

  1. 『Country』のプルダウンで『Japan』を選択します。
  2. 『SWIFT』はご自身の国内銀行口座のSWIFTコードを入力します。SWIFTコードが不明な場合は「銀行名 スイフト」で検索すれば出てきますのでそちらを入力してください。
  3. 『Bank name』は送金先のお持ちの銀行口座の銀行名ですが、英語表記で入力してください。※三菱東京UFJ銀行ならMUFG Bank,Ltd. 三井住友銀行ならSumitomo Mitsui Banking  Corporation みずほ銀行ならMizuho Bank,Ltd です。わからない場合は「銀行名 英語表記」と検索すれば出てきますのでそちらを入力してください。
  4. 『Bank address』で国内銀行の住所を英語表記で入力します。この住所は支店住所ではありませんので、ご注意ください。三菱東京UFJ銀行の東京都千代田区丸の内2-7‐1でしたら 「Tokyo Chiyodaku marunouchi 2-7-1」と入力すれば問題ありません。
  5. 『Branch code』は支店番号なので送金先の銀行口座の支店番号を半角数字で入力します。
  6. 『Branch name』は支店名なので送金先の銀行口座の支店名を半角英字で入力します。
  7. 『Account number type』はプルダウンで『IBAN』を選択してください。
  8. は口座番号を半角数字で入力してください。
  9. 『Beneficiary name』はご自身の名前を半角英字で入力してください。
  10. 『Beneficiary address』はご自身の住所を半角英字で入力してください。住所の表記の仕方は「Tokyo Chiyodaku marunouchi 2-7-1」このように日本での表記の順番で英語で入力すれば問題ありません。

 

以上の入力内容に間違いがなければ『Continue』をクリックして確認画面に進み、出金を完了させます。

 

※出金には1%(1%が2000円以下の場合は2000円均一)の手数料が発生します。全額引き出したい場合は手数料を引いた金額を入力する必要があります。

 

手数料詳細は、『【BXONE・ezpayカード】手数料と最低引き出し金額一覧』を参照ください。

 

BXONE(ビーエックスワン)
BXONEは、次世代のオンラインウォレットサービスです。 法定通貨(フィアット)や仮想通貨を安全に取引することが出来ます。 万全なセキュリティー体制を整えており、利便性が高いので、オンラインマネーの取引に最適なサービスです。

 

おすすめの記事