BXONE取引所では、公式サイトにも記載してある通り、新規“ICO(トークン)”の発行も購入できるということで今後注目が集まりそうです。

 

BXONEトークンセールに今後期待がもてる図

今回は、今後BXONEで取り扱う予定のICO(トークンセール)について解説していきます。

トークンについて

 

トークンの説明する前に、まずは仮想通貨について説明しないと伝わらないと思いますので、そちらから解説していきます。

 

仮想通貨とブロックチェーン技術

仮想通貨で送金(入金)を表している画像

 

そもそも仮想通貨とは何なのかを説明するために、法定通貨(日本円やドル)との比較してみましょう。

 

法定通貨
  • 現実世界で使われ
  • 形がある
仮想通貨
  • 主にインターネット世界で使われる
  • 形がない

 

仮想通貨の一番大きな特徴として、目に見えない・形がないという点です。

 

形がないのにどうやって管理しているのか?

 

実はブロックチェーンという技術を使って、その仮想通貨を保有している全員に全ての取引情報が共有され、不正な書き換えや取引が出来なくなっています。ここで言うブロックチェーンとは、インターネットというくらい大きなものと考えて大丈夫です。

 

そのため、それぞれの仮想通貨にはそれぞれのブロックチェーンが存在しており、ビットコインにはビットコインの。イーサリアムにはイーサリアムのブロックチェーンがあります。

 

トークンとは?

 

新たに仮想通貨を作ろうと思えば、新たなブロックチェーンを作る必要があります。

 

このブロックチェーンという技術は簡単に作れるような技術ではありません。独自のブロックチェーン上で発行されている仮想通貨がビットコインであり、イーサリアムで、この既存のブロックチェーン上で間借りして発行しているのがトークンです。

 

例えばですが、A社が新たに『Aコイン』という仮想通貨を作ろうと思ったが、その為には独自のブロックチェーンを作らなくてはいけない。そこで『ビットコイン』の独自のブロックチェーン上に間借りし、トークンとして『Aコイン』を発行した。

 

簡単に説明すると、こういったことになります。

 

何故トークンは生まれたのか?

 

トークンは何の為に生まれたのか?

 

簡単に言うと資金調達です。トークンが生まれたきっかけは、株がモデルになっていると言われています。株の場合、自身が会社を作った時に自社の株を発行します。会社の将来性を見据え、投資家に株を買ってもらうことで資金を調達します。

 

これを自社のプロジェクトや個人のプロジェクトに対し、株式ではなく仮想通貨で資金調達を行ったのがICOと呼ばれる手段です。その為に発行されるのがトークンです。

 

先ほどのA社は何の為に『Aコイン』というトークンを発行するのか?それは、資金調達のためです。そしてトークンの発行をするほうが、株よりも簡単に安価で発行することが可能です。

 

ICO(トークンセール)とは?

ICOとは
ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)とは、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行/販売し、資金を調達する手段/プロセスのことを指します。投資家には「コイン」や「トークン」と呼ばれるデジタル通貨(資産)を購入してもらい、原則として対価は支払われません。別名「クルドセール」や「プリセール」、「トークンセール」などとも呼ばれます。
このICOという手段は、新たな資金調達の方法として大変注目されていますが、様々な問題も起こっています。

ICOの注意点

ICOは新たな投資手段であり、資金調達方法でもありますので注意しなければいけないことが沢山あります。ICO関連の被害にあわないために、注意点をまとめました。

詐欺の可能性もあると考えておく

 

ICOに関しての法律がまだ整備されていないこともあり、詐欺まがいの案件がネット上に氾濫しているのも事実です。

 

『この先必ず高騰する』『100倍になる』などと謳い、資金を集めたら行方不明。いつになっても上場しない。等の被害が沢山出ています。大前提として、詐欺が多いと認識しておきましょう。

 

トークンの裏付けがあるのか考える

 

ICOの話を聞いたら、そのトークンに裏付けがあるのかを考えてください。

 

例えば、皆さんが持っている日本円は『日本』という国が裏付けになっています。日本という国が破綻してしまえば持っている日本円はただの紙切れになってしまいます。普通に考えればそれは起こりにくい事なので皆さんは安心して持っていられるのです。

 

一方で、トークンの場合はどうでしょうか?

 

例えばですが、仮想通貨取引所が新たに発行するトークンがあるとします。

 

  • その仮想通貨取引所にはどれだけの利用者がいて、これからも利用者が増えていきそうなのか?
  • そのトークンを所有していれば決済手数料が安くなるなどの利用者が増えるサービスがあるのか?
  • 新たな事業計画は信頼できるのか?

 

など、トークンを選ぶ上での裏付けをしっかりと考える必要があります。

 

【今後に注目】BXONE取引所のICO( トークンセール)について

 

冒頭でもお伝えした通り、BXONE取引所では新規“ICO(トークン)”の発行も購入できるということで今後注目が集まりそうです。※現段階では購入できるトークンを公開はしていません

 

積極的にICOに参加しましょう!というよりは、いざという時の準備はしておいても不足はないと思います。

 

ICOで億万長者になった人

 

ICOは詐欺が多いことも事実ですが、世の中にはICO案件で資金が100倍や200倍になった人も存在します。

 

実際に儲かっている人がいるから、そこに付け込んで詐欺まがい案件も出てくるわけです。これから先ICOで大きな利益をあげられる案件も間違いなく出てくると思います。

 

BXONEがオンラインカジノ決済手段として導入される

 

2019年BXONEが決済方法としてオンラインカジノに導入されます。BXONEウォレット口座を開設していると、ATM出金が可能になるeZpayカードを発行することが出来ます。

 

このことから、オンラインカジノユーザーがカジノで勝ったお金をコンビニで引き出すことが可能になり、BXONEウォレットを開設することと、更にたくさんのカジノサイトに導入されることが予想されます。

 

BXONE取引所は、仮想通貨と法定通貨が取扱いでき、オンラインカジノにも使える。となるとこの先トークンを発行する!といった場合、ユーザー数の増加により価値の高騰があるかもしれません。

 

まとめ

 

現段階ではICO取引は出来ませんが、今後のBXONEでのICO案件の公開には要注目です。過去のICOの成功例を見ても、公開から一週間ほどで一気に価値が高騰する案件もあります。

 

そのため、今のうちからウォレット口座を開設しておき、新しい情報はチェックしておきましょう。

 

 

BXONE(ビーエックスワン)
BXONEは、次世代のオンラインウォレットサービスです。 法定通貨(フィアット)や仮想通貨を安全に取引することが出来ます。 万全なセキュリティー体制を整えており、利便性が高いので、オンラインマネーの取引に最適なサービスです。

 

 

おすすめの記事